【MUPウサギWeek10】SWOT分析について

SWOT分析の概要

 「【MUPウサギWeek9&10】失敗しないサービス設計のフレームワーク」で紹介した「SWOT分析」について詳しくみていきましょう。

 SWOT分析とは,あるサービスをローンチして十分な売上が見込めるかどうかを判断するには,自社の状態,状況等について分析する必要がありますが,その分析の観点を示すものものです。

 そして,その観点とは,Strength,Weakness,Opportunity,Threatです。

 SWOT分析の「SWOT」は,それぞれの頭文字をとったものです。

 以下では,それぞれの観点について,飲食店を例に具体例を挙げて説明していきます。

Strength―強み

 Strengthとは「強み」であり,自社の強みを分析する観点です。

 例えば,

  • 1階路面店で目立つ
  • メニューが豊富
  • 個人店なので,独自のキャンペーンを自由に打てる
  • 仕入原価が安い
  • 国産素材を使用
  • 有機野菜を使用
  • UberEatsデリバリー可能
  • オフィス街で人が多い
  • 電子決済対応
  • 客1人あたりの占有可能面積が広い
  • 営業時間が長い
  • 駐輪場がある
  • 周りに競合店が少ない

Weakness―弱み

 Weaknessとは「弱み」であり,自社の弱みを分析する観点です。

 例えば,

  • ブランド力がない
  • 大手に比べると仕入原価率が高め
  • 提供する料理のカロリーが高め
  • 設定価格が高め
  • オフィス街なので,土日祝日は来客が少なめ
  • 席数が少ない
  • 駐車場がない
  • 従業員が少なく,弁当販売に対応できない

Opportunity―機会

 Opportunityとは「機会」であり,自社事業を拡大させることができる可能性があるかという観点です。

 今の事業に加え,更にもっとこういう事業もできるのではないかという可能性を示す事情,実現可能と想定できる事業内容等を洗い出していきます。

 例えば,

  • 親会社がマーケティング会社
  • YouTuber等の面白イベントの開催
  • インスタ映えする料理の提供
  • 周辺地域の人へのキッチン貸し
  • 昼と夜とで業態を変える(昼はレストラン,夜はバー等)
  • 企業イベントへの参加
  • 企業イベント用のスペースとして貸し出す

Threat―脅威

 Threatとは「脅威」であり,自社が打撃を受ける脅威としてどのようなものが想定されるかという観点です。

 例えば,

  • 大型連休等が増える
  • 外食が減少傾向にある
  • 健康志向が強くなっている
  • 大手の同業他社が自社の近くに店舗展開しようとしている
Please follow and like us:

コメント

タイトルとURLをコピーしました