【YouTube】戦略の立て方―YouTubeを始める前に

※以下の記事は,MUPカレッジのウサギクラスの会員に限定で公開されているMUP-tvに基づいて作成しております。

(ウサギクラス専用ページではこの動画を視聴することができます。)

はじめに

最近,YouTubeで発信している人が増えてるなぁ。自分も始めようかな。でも,どういう動画を出せばいいの?メントスコーラとか?今さらメントスコーラやって,観てくれるのかな?

などと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 YouTubeを始めるからには,多くの人に観られたいけど,多くの人に観られるには,どういう動画を発信していけばいいのでしょうか?

 本稿では,YouTubeで動画を発信していく前に知っておきたいYouTubeで成功するための戦略を紹介していきます。

戦略を立てる3つの柱

 多くの人に観られるチャンネルを作るための戦略として,次の3つの柱があります。

  • ターゲット選定
  • 競合分析
  • 差別化/優位性

 以下,それぞれについて,簡潔に説明していきます。

ターゲット選定

 まずは,どのジャンルに参入していくかという,ターゲット選定を行います。

 ターゲット選定にあたっては,

  • ニッチジャンルを狙う
  • 特定の分野に絞る
  • 情熱を注ぐことができるものを選ぶ

という3点が重要です。

  • ニッチジャンルを狙う

 例えば,エンタメ系の動画だと,すでに多くの人が参入しており,ヒカキンさんやヒカルさんなど,上位層も固定化しているため,エンタメ系のようなメジャーなジャンルに今から参入しても,そこで勝ち上がっていくのは難しいです。

 そこで,まだあまり参入者がいないニッチな分野を狙っていこうということです。

 まだYouTubeにも参入者が少ない分野はありますし,そもそも時代の変化に伴い,人々の需要も変化していくため,これから需要のある新たな分野も生まれます

 例えば,自分の得意分野のコンテンツがまだ充実していないのであれば,そこに参入余地があります。

 また,今回,新型コロナウイルスの感染が拡大するまでは,多くの人が会社に通勤して,職場で執務するということが普通だったわけですが,新型コロナウイルスによって,多くの人が在宅勤務に移行しましたよね。

 これによって,通勤する生活が当たり前だった人が,在宅勤務で仕事のパフォーマンスを上げるにはどうすればいいのかということを考え始め,WebサイトやYouTube等にヒントを求めました。

 そこで,在宅勤務向けの便利グッズや便利機能等を紹介することによって,こうした需要に応えたコンテンツはバズりました。

 このように時代の流れを読むことで,参入余地を見つけることができます。

  • 特定の分野に絞る

 そして,ニッチジャンルを見つけることができたら,そのジャンルにすでに参入している人は存在していると思います。

 これからその既参入者があなたのライバルになります。

 そこで,ニッチジャンルも更に細かく分類することができるので,既参入者がニッチジャンルのうち,どの分野を扱っているのかを分析して,自分の得意分野等も考慮しながら,どの分野に参入していけば,そのニッチジャンルで多くのユーザーを獲得できるかを考えていきます

 例えば,YouTubeにおいて,法律がニッチかどうかは微妙ですが,法律でも,理論としての法律と実務としての法律に分けることができます。そして,実務としての法律であれば,一般民事,刑事,企業法務等に分けたり,一般市民向けか,弁護士や法務部員等の専門業者向けかに分けたりすることができます。もっと細かく分類できます。

 こうして細分化した分野の中から,あなたが最も力を発揮できるものを選びましょう。

  • 情熱を注ぐことができるものを選ぶ

 動画を出し始めても,すぐに成果が出ることは,基本的にありません。

 ブログもYouTubeもそうですが,年単位で発信を継続して,ようやくある程度成果が出るという世界です。

 したがって,YouTubeである程度,影響力を身に付けたり,稼ぎたいと思っているなら,これから2年,3年と続けていくことを前提に,それだけ情熱を注ぐことができるジャンルを選ぶことが重要です。

 筆者の場合,一法律家として名を上げることを切望しており,ブログ等で自分の専門のことをアウトプットすることは自分の勉強にもなるため,最悪,読者や視聴者が増えなくても,儲からなくても,成長につながるからということで,法律やビジネス等をテーマに選びました。

競合分析

 自分が参入できるジャンルが決まったら,次は競合分析を行います。

 競合分析を行うにあたっては,

  • ベンチマークチャンネルをリストアップする
  • アップサイドを確認する

という2点が重要です。

  • ベンチマークチャンネルをリストアップする

 ベンチマークチャンネルとは,簡単にいえば,基本的には,自分の選んだジャンルですでに発信し,一定の成功を収めている先駆者のことです。

 ベンチマークチャンネルを探し,それを叩き台にして,自分がそのベンチマークチャンネルに対してどれだけ独自性を出していけるかということを検討します

  • アップサイドを確認する

 また,参入するジャンルがどれくらいの市場規模かを把握しましょう。

 その際には,そのジャンルで最も成功している発信者のチャンネル登録者数や動画の視聴回数等が参考になります。

 この市場調査の結果,そのジャンルに関心をもつユーザーがいないことが分かれば,そのジャンルを選ぶことはあまりオススメできません。

 ちなみに,競争も激しくなりますが,お金,人間関係,ボディメイク等といった人間生活のファンダメンタルに近いジャンルほど,市場規模も大きくなります。

差別化/優位性

 実際に,競合調査や市場調査を経て,あなたのジャンルが決定し,そのジャンルで発信していく段階になったら,競合者と差別化を図り,優位性を獲得するために,まずは次のことを行いましょう。

  • 徹底的にパクる
  • まずは100本作ってみる
  • 徹底的にパクる

 もちろん他人のコンテンツをそのまま自分のコンテンツに流用するのはNGです。

 ここで言いたいのは,成功している発信者の口調,話の広げ方,動画の構成等をまずは徹底的に模倣してみましょうということです。

 自分がすごいなあと思う人に芦名勇舗さんという人がいます。

 この人は,かつてフルコミッションのプルデンシャル生命で営業成績トップをとったことがある人です。

 営業成績トップをとるために,まず何をしたかといえば,芦名さんの上司で営業成績がトップだった人に営業のやり方を深夜まで教わり,一字一句違わず記憶し,真似したそうです。

 そして,それから自分なりにアレンジを加え,営業成績トップをとることができました。

 いきなり自分の成功パターンを構築できる人はいないので,他者と差別化を図り,優位性を獲得する前提として,まずは優れた見本を徹底的に真似することが有効です。

  • まずは100本作ってみる

 ある程度データがないと,自分のやり方のどこが良くて,どこが悪いのかが分かりません。

 そこで,データを集めるために,まずは100本程度は動画を作って,発信してみましょう

まとめ

 最後に,以上をまとめます。

 以上,最後まで読んでくださり,ありがとうございました!

MUPカレッジへの入会方法

 MUPカレッジでは,上記のような多種多様なビジネススキルをインプットし,それをアウトプットする豊富な機会が用意されています。
 MUPカレッジにご関心をお持ちの方は,MUPカレッジの公式YouTubeチャンネルにアップロードされている動画等をご覧になることをオススメします。
 その上で,MUPカレッジへの入会をご希望の場合は,以下のページから入会手続に進むことができます。

 なお,ウサギクラスへご入会なさる方で,もし当サイトの記事が参考になった場合は,入会申込ページの「ご紹介IDまたは一番はじめに知ったきっかけ」のフォームに「lawhorizon」と入力していただけますと幸甚です!

Please follow and like us:

コメント

タイトルとURLをコピーしました