構成要件表

刑法

刑法総論

* 〔PCのみ〕罪名にマウスオーバーすると,条文が表示されます。
* 各構成要件要素に付されている番号が❶,❶'となっているような場合は,それらの構成要件要素が択一的関係であることを示します。
No. 要件意義
36Ⅰ正当防衛❶急迫不正の侵害違法な侵害が現在しているか,差し迫っていること
❷自己又は他人の権利
❸防衛するため侵害を認識し,これを避けようとする単純な心理状態
❹やむを得ずした正当な権利保護のための必要最小限度の反撃にとどまること(必要性+相当性)
❺行為

● 参考文献

井田良「講義刑法学・総論〔第2版〕」(有斐閣・2018年)

刑法各論

個人的法益に対する罪

* 〔PCのみ〕罪名にマウスオーバーすると,条文が表示されます。
* 各構成要件要素に付されている番号が❶,❶'となっているような場合は,それらの構成要件要素が択一的関係であることを示します。
No.罪名構成要件意義
130前住居等侵入罪❶人の住居「人」=居住者以外の者
「住居」=人の起臥侵食に利用される場所
❶'人の看守する邸宅「人の看守する」=侵入を防止する人的・物的設備を施すこと
「邸宅」=住居用に作られたが,現在,起臥寝食に利用されていないもの
❶''人の看守する建造物「建造物」=屋根を有し支柱等によって支えられた土地の定着物で,人が出入りすることのできる構造のものであり,住居用以外の建造物一般のこと
❷正当な理由なく違法性阻却事由が存在しないこと
❸侵入住居権者(管理権者)の意思に反する立入り
❹故意
176前強制わいせつ罪❶13歳以上の者に対し
❷暴行又は脅迫を用いて相手方の反抗を著しく困難にする程度のもの
❸わいせつな行為徒に性欲を興奮又は刺激せしめ,かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し,善良な性的道義観念に反する行為
❹故意
❺わいせつ目的行為者の性欲を刺激,興奮,満足させる意図
176後強制わいせつ罪❶13歳未満の者に対し
❷わいせつな行為徒に性欲を興奮又は刺激せしめ,かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し,善良な性的道義観念に反する行為
❸故意客体や行為といった客観的要件及び相手方が13歳未満であることの認識
❹わいせつ目的行為者の性欲を刺激,興奮,満足させる意図
177前強制性交等罪❶13歳以上の者に対し
❷暴行又は脅迫を用いて相手方の反抗を著しく困難にする程度であることを要する。
❸性交等性交+肛門性交+口腔性交
❹故意
177後強制性交等罪❶13歳未満の者に対し
❷性交等性交+肛門性交+口腔性交
❸故意
199殺人罪❶殺人の実行行為人の死の結果を生じさせる現実的危険性のある行為
❷人の死の結果の発生
❸❶と❷の間の因果関係
❹故意意図型/認識型(人が死ぬ危険性が高い行為を,そのような行為と分かって行ったこと)
204傷害罪❶人の身体を
❷傷害人の生理的機能を侵害すること
❸故意有形的方法→傷害の故意or暴行の故意
無形的方法→傷害の故意
205傷害致死罪❶人の身体を
❷傷害人の生理的機能を侵害すること
❸人を死亡させた
❹❷と❸の間の因果関係
❺故意有形的方法→傷害の故意or暴行の故意
無形的方法→傷害の故意
208暴行罪❶人を
❷暴行人の身体に対する不法な有形力の行使
❸故意人の身体に対して有形力を行使することを認識していること
211前業務上過失致傷罪❶業務上人の社会生活上の地位に基づき反復継続して行う行為であって,かつ,人の生命・身体に危害を加えるおそれのあるもの
❷過失結果予見可能性の存在を前提とする結果予見義務違反+結果回避可能性の存在を前提する結果回避義務違反
❸傷害結果人の生理的機能を侵害すること
❹❷と❸の因果関係
230Ⅰ名誉棄損罪❶公然と摘示された事実を不特定又は多数人が認識し得る状態
❷事実を摘示「事実」=それ自体として人の社会的評価を低下させ,かつ,事実評価の対象となり得る程度に具体的な事実
❸人の名誉「人」=自然人+法人その他の団体
「名誉」=人についての事実上の積極的な社会的評価
❹毀損人の社会的評価を害するおそれのある状態を生じさせたこと
❺故意
235窃盗罪❶他人の
❷財物を財産的価値を有する物
❸窃取占有者の意思に反して,財物を自己又は第三者の占有下に移すこと
❹故意
❺不法領得の意思権利者を排除して他人の物を自己の所有物としてその経済的用法に従ってこれを利用又は処分する意思
236強盗罪❶暴行又は脅迫財物奪取に向けられた,人に対する不法な有形力の行使又は害悪の告知であって,その程度が相手方の反抗を抑圧するに足りるもの
❷他人の
❸財物を財産的価値を有する物
❹強取占有者の意思に反し,反抗抑圧状態を利用して,財物を自己又は第三者の占有下に移すこと
❺故意
❻不法領得の意思権利者を排除して他人の物を自己の所有物としてその経済的用法に従ってこれを利用又は処分する意思
238事後強盗罪❶窃盗
❷暴行又は脅迫財物奪取に向けられた,人に対する不法な有形力の行使又は害悪の告知であって,その程度が相手方の反抗を抑圧するに足りるもの
❸窃盗の機会窃盗行為との時間的・場所的接着性
❹目的財物を得てこれを取り返されることを防ぎ,逮捕を免れ,又は罪証を隠滅するため
❺故意
❻不法領得の意思権利者を排除して他人の物を自己の所有物としてその経済的用法に従ってこれを利用又は処分する意思
240前強盗致傷罪❶強盗
❷人を負傷させた傷害結果の発生
❸❷が強盗の機会犯意の継続性及び強盗行為との時間的・場所的接着性
❹暴行又は脅迫と❷の因果関係
❺故意
❻不法領得の意思権利者を排除して他人の物を自己の所有物としてその経済的用法に従ってこれを利用又は処分する意思
240前強盗傷人罪❶強盗
❷人を負傷させた傷害の実行行為・結果
❸❷が強盗の機会犯意の継続性及び強盗行為との時間的・場所的接着性
❹暴行又は脅迫と❷の因果関係
❺強盗の故意
❻傷害の故意人の生理的機能を害することの認識・認容
❼不法領得の意思権利者を排除して他人の物を自己の所有物としてその経済的用法に従ってこれを利用又は処分する意思
240後強盗致死罪❶強盗
❷人を死亡させた死亡結果の発生
❸❷が強盗の機会犯意の継続性及び強盗行為との時間的・場所的接着性
❹暴行又は脅迫と❷の因果関係
❺故意
❻不法領得の意思権利者を排除して他人の物を自己の所有物としてその経済的用法に従ってこれを利用又は処分する意思
240後強盗殺人罪❶強盗
❷人を死亡させた殺人の実行行為・結果
❸❷が強盗の機会犯意の継続性及び強盗行為との時間的・場所的接着性
❹暴行又は脅迫と❷の因果関係
❺強盗の故意
❻殺人の故意人の死の結果発生に対する認識・認容
❼不法領得の意思権利者を排除して他人の物を自己の所有物としてその経済的用法に従ってこれを利用又は処分する意思
244親族相盗例❶配偶者,直系血族又は同居の親族との間で「配偶者」…内縁関係の者は含まれない
「親族」=民§725の「親族」の中から「配偶者と直系血族」を除いた「6親等内の傍系血族と3親等内の姻族」
❷窃盗罪等の財産犯又はその未遂を犯した
246Ⅰ詐欺罪❶詐欺行為財産的処分の判断の基礎となる重要な事項を偽る行為
❷❶に基づく錯誤
❸❷に基づく交付行為
❹❸に基づく財物の移転
❺故意
❻不法領得の意思権利者を排除して他人の物を自己の所有物としてその経済的用法に従ってこれを利用又は処分する意思
247背任罪❶他人の事務を処理する者
❷任務に違背する行為信任関係に違背して本人に損害を加える行為
❸財産上の損害経済的見地における損害を評価
❹故意
❺図利加害目的自己又は第三者の利益を図る目的/本人に損害を加える目的
249恐喝罪❶恐喝行為財物交付に向けられた,人を畏怖させるに足りる暴行又は脅迫を加えることであって,その暴行又は脅迫の程度が相手方の反抗を抑圧しない程度のもの
❷❶に基づく相手方の畏怖
❸❷に基づく交付行為
❹❸に基づく財物の移転
❺故意
❻不法領得の意思権利者を排除して他人の物を自己の所有物としてその経済的用法に従ってこれを利用又は処分する意思
253業務上横領罪❶業務上社会生活上の地位に基づき反復継続して行われる事務で,他人の委託に基づいて他人の財物を占有・保管することを内容とするもの
❷自己が占有する事実上又は法律上の管理・支配を及ぼしていること
❸委託信任関係財産上の物の保管を目的とする関係
❹他人の物
❺横領不法領得の意思の発現行為
❻故意
❼不法領得の意思委託の任務に背いて,その物につき権限がないのに,所有者でなければできないような処分をする行為

社会的法益に対する罪

* 〔PCのみ〕罪名にマウスオーバーすると,条文が表示されます。
* 各構成要件要素に付されている番号が❶,❶'となっているような場合は,それらの構成要件要素が択一的関係であることを示します。
No.罪名構成要件意義
108現住建造物放火罪❶放火客体の燃焼を惹起させる行為
❷現に人が住居に使用している現に人の起臥寝食する場所として日常使用されているもの
❷'現に人がいるその内部に他人が現実にいること
❸建造物家屋その他これに類する建築物であって,屋根があり,壁又は柱で支持されて土地に定着し,少なくともその内部に人が出入りできるもの
❹焼損火が媒介物を離れて目的物が独立に燃焼を継続し得る状態に達したこと
❺故意
109Ⅰ他人所有非現住建造物放火罪❶放火客体の燃焼を惹起させる行為
❷現に人が住居に使用していない
❸現に人がいない
❹建造物家屋その他これに類する建築物であって,屋根があり,壁又は柱で支持されて土地に定着し,少なくともその内部に人が出入りできるもの
❺焼損火が媒介物を離れて目的物が独立に燃焼を継続し得る状態に達したこと
❻故意
109Ⅱ自己所有非現住建造物放火罪❶放火客体の燃焼を惹起させる行為
❷❸が自己の所有に係る
❸建造物家屋その他これに類する建築物であって,屋根があり,壁又は柱で支持されて土地に定着し,少なくともその内部に人が出入りできるもの
❹焼損火が媒介物を離れて目的物が独立に燃焼を継続し得る状態に達したこと
❺公共の危険の発生不特定又は多数の人々の生命・身体・財産に対する危険の発生
❻故意※❺も故意の対象になる
155Ⅰ
158
有印公文書偽造罪同行使罪❶公務所若しくは公務員の印章若しくは署名を使用
❷公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画「文書」=文字又は文字に代わるべき符号を用い,永続すべき状態において,物体上に記載された意思又は観念の表示
❸偽造文書の名義人作成者の人格の同一性を偽ること
❹行使偽造文書を真正文書若しくは内容の真実な文書として不特定又は多数の者に認識させ又は認識し得る状態に置くこと
❺故意
❻行使の目的偽造・変造された文書の内容を,多少とも利害関係のある(かつ,情を知らない)相手方に認識させ,又は相手方が認識し得る状態に置く目的
159Ⅰ
161
有印私文書偽造罪同行使罪❶他人の犯人以外の者で,しかも日本国の公務所又は公務員でない者
❷印章又は署名
❸権利義務に関する文書権利又は義務の発生・変更・消滅の法律効果を生じさせることを目的とする文書,並びに権利・義務の存在を証明する文書
❸'事実証明に関する文書社会生活に交渉を有する事項を証明するに足りる文書
❹偽造文書の名義人作成者の人格の同一性を偽ること
❺行使偽造文書を真正文書若しくは内容の真実な文書として不特定又は多数の者に認識させ又は認識し得る状態に置くこと
❻故意
❼行使の目的偽造・変造された文書の内容を,多少とも利害関係のある(かつ,情を知らない)相手方に認識させ,又は相手方が認識し得る状態に置く目的

国家的法益に対する罪

* 〔PCのみ〕罪名にマウスオーバーすると,条文が表示されます。
* 各構成要件要素に付されている番号が❶,❶'となっているような場合は,それらの構成要件要素が択一的関係であることを示します。
No.罪名構成要件意義
197Ⅰ前収賄罪❶公務員刑§7Ⅰ
❷その職務に関し・一般的職務権限の範囲内の行為
・職務密接関連行為
❸賄賂一定の職務に対する反対給付としての性質のある,不正な報酬としての一切の利益
❹収受賄賂を受け取ること
❹'要求賄賂の供与を請求すること
❹''約束賄賂者と収賄者との間に賄賂の収受について意思の合致がみられること
❺故意❹時点で客体が賄賂であることの素人的意味の認識があれば足りる
197Ⅰ後受託収賄罪❶公務員刑§7Ⅰ
❷その職務に関し・一般的職務権限の範囲内の行為
・職務密接関連行為
❸賄賂一定の職務に対する反対給付としての性質のある,不正な報酬としての一切の利益
❹収受賄賂を受け取ること
❹'要求賄賂の供与を請求すること
❹''約束賄賂者と収賄者との間に賄賂の収受について意思の合致がみられること
❺請託職務に関し,一定の職務行為を行うことを依頼すること
❻受けたとき依頼を承諾したこと
❼故意❹時点で客体が賄賂であることの素人的意味の認識があれば足りる
198贈賄罪❶単純収賄罪等について
❷賄賂
❸供与公務員に賄賂の収受を促すこと
❸'申し込み賄賂を供与し,これを収受することについての贈賄者・収賄者間の合意
❸''約束賄賂を収受させること
❹故意❸時点で客体が賄賂であることの素人的意味の認識があれば足りる

● 参考文献

井田良「講義刑法学・各論」(有斐閣・2016年)

 

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律

コメント

タイトルとURLをコピーしました