【役割別】民法改正の勉強が捗るオススメの書籍【厳選】

はじめに

 すでにご存じの方も多いと思いますが,私は民法改正(2020年4月1日施行)の記事を少しずつ投稿しています。

 私は民法改正の記事を書く際,様々な書籍に目を通します。

 本稿では,その中でも,私が民法改正の勉強をする中で特に役に立っていると思った書籍を役割ごとに紹介したいと思います。

改正民法全体を効率的に学習するための1冊

 民法改正全体を効率的に学習したい方は,筒井健夫=松村秀樹「一問一答 民法(債権関係)改正」(商事法務・2018年)

 これを選んでおいて間違いないです。最初の1冊を挙げるならば,これ!

 ただ,事例に基づいて具体的な適用場面をイメージしながら,じっくり勉強したいという方には,潮見佳男編著「Before/After 民法改正」(弘文堂・2017年)がオススメです!

 短時間で改正のポイントを効率的に押さえたい方は前者,改正事項が一体どのような場面で活きるのかを知りたい方は後者とざっくり分類することができるかもしれません。

 ただ,どちらを選んでも失敗ということはないので,好み・直感で選んじゃいましょう笑

実務への影響を満遍なく把握するための1冊

 今回の民法改正によって実務にどのような影響が及ぶのかを満遍なく知りたい方には,日本弁護士連合会「実務解説 改正債権法」(弘文堂・2017年)がオススメ。

 改正事項すべてについて,その改正によって実務にどのような影響がもたらされるか説明されており,改正の意義を知ることができるため,実用性の高い1冊です!

改正民法下の要件事実がどうなるかを学ぶための2冊

 改正によって要件事実がどのように変わるかを学びたい方には,伊藤滋夫編著「新民法(債権関係)の要件事実Ⅰ」(青林書院・2017年)伊藤滋夫編著「新民法(債権関係)の要件事実Ⅱ」(青林書院・2017年)の2冊がオススメ!

 細かい改正事項の要件事実についてまで言及されているので,持っておくと安心の1冊です!

改正経緯・理論面まで詳しく知りたい方のための2冊

 改正経緯や理論面まで詳しく知りたい方には,潮見佳男「新債権総論Ⅰ」(信山社・2017年)潮見佳男「新債権総論Ⅱ」(信山社・2017年)をオススメします!

 著者である潮見先生のご見解が前面に押し出されている箇所は多々ありますが(そもそもそういう本),非常に深いところまで突っ込んで書かれており,民法改正の神髄を知りたくてたまらない方にはたまらない2冊!

 ただ,2冊合わせて15,000円くらいするので,けっこう値が張ります。

おわりに

 本稿では,民法改正全体を学習するのに資するであろうと考える書籍を独断と偏見で選出し,紹介させていただきました。

 以上挙げたもの以外にも,時効,定型約款,売買契約等の個別の分野に特化して著され,特定分野の理解を深めるのに資する書籍等,優れた書籍はたくさんあります。

 そうしたものも追々紹介していけたらなと思います。

Please follow and like us:

コメント

タイトルとURLをコピーしました